ブラックフォーマル通販サイト比較ランキング

       

HOME > ブラックフォーマルとは > ブラックフォーマルを品よく着こなすには

ブラックフォーマルを品よく着こなすには

 ブラックフォーマルとは冠婚葬祭や式典の時に着用する黒色のフォーマルウエアです。主に通夜、葬儀、告別式、法事に着用することが多いです。訃報は突然知らされて、急に通夜や葬儀に参列する必要もあります。お付き合いの増える社会人になったら、揃えておくと急な知らせにも慌てないですみます。
 男性の場合は通夜や葬儀の場合でも、結婚式などのお祝いの席でもフォーマルウエアは同じです。ネクタイを弔事の場合は黒を、慶事の場合は白を用います。女性の場合は暑い時でも寒い時でも着られるもの、年齢を重ねても着られるようにオーソドックスなタイプを選びます。7分袖丈のワンピースにボレロやジャケットのアンサンブルなら一年を通して着用できます。
 スカート丈は座った時に膝が隠れる丈にします。立ったり座ったりすることが多いので、フレアスカートの方が動きやすいです。近年はズボンタイプのブラックフォーマルもあります。スカートとズボン両方あれば、季節によって使い分けることができます。


 ブラックフォーマルを品よく着こなすには、姿勢を良くすることです。ブラックフォーマルはとても目立ちますので、葬儀会場の中だけではなく、姿勢良くすることが重要です。葬儀の帰りでも大口を開けて笑ったり、大きな声で話したりしないようにします。ブラックフォーマルの装いは小物にも気を配ります。
 女性の場合、ストッキングは黒です。タイツは避けます。靴はシンプルな黒のパンプスです。殺生を連想させる革や型押しのもの、金属の飾りのついているものは避けます。ハンカチは白が無難です。カサやコートも黒やグレーなどを使用します。バックもシンプルな黒色にします。バックはとても小さいので、布製の黒の手提げを用意すると便利です。折りたたんでバックにしまえるタイプが便利です。
 葬儀の場合、アクセサリーは使用しないのが原則です。男性の場合、ネクタイピンも使用しません。派手な腕時計も避けたほうが良いでしょう。女性の場合は真珠は涙をあらわすので、使用しても良いでしょう。二連や三連のネックレスは使用しません。


 葬儀の場合、女性はお化粧も控えめにします。ネイルも落としておきます。髪はすっきりとまとめます。シンプルなバレッタや黒のゴムで束ねると良いでしょう。
 近親者の場合は台所を手伝うこともありますので、地味な色合いのエプロンを準備します。ブラックフォーマルは格式が高いので、結婚式や入学式、卒業式にも着用できます。お祝いの席の場合はコサージュやアクセサリーを使って華やかさを演出します。

次の記事へ