ブラックフォーマル通販サイト比較ランキング

       

HOME > ブラックフォーマルとは > 自分のスタイルに合うブラックフォーマルに関して

自分のスタイルに合うブラックフォーマルに関して

サラリーマンの必需品はスーツですが、一着あると便利なのがブラックフォーマルではないでしょうか。
冠婚葬祭に使用することが出来ますし、ちょっとしたパーティーであれば、ノーネクタイで参加をすることが出来ます。
高級ブランドにこだわる必要はありませんし、三万円前後の商品で十分ではないでしょうか。
シャツや革靴とのコーディネイトを楽しむことも出来ますし、清潔感をアピールすることで異性の浮けも良くなるはずです。
可憐にブラックフォーマルを着こなすためには、少し小さめのサイズを着ることではないでしょうか。
スリムに見えますし、男性であれば筋肉が付いていることをアピール出来るのではないでしょうか。
どんな場面にも合いますし、ファッション雑誌を見て色々と研究をしてみてはどうでしょうか。
ひと味違う自分を見付けられるはずです。



ブラックフォーマルと呼ばれる正喪服と準喪服

一般的に喪服にはそれぞれに格の違いがあります。
格式の高い順番に正喪服、準喪服、略喪服とあり、それぞれの立場や状況によって選ぶ必要があります。
ブラックフォーマルと呼ばれるものは、この中では正喪服と準喪服に該当します。
格式が最も高くて正式な装いとなっているのが正喪服です。
葬儀のときには喪主や親族、近親者などが着用します。
準喪服は正喪服に準じた装いですが、これは様々な場面で着用できるため、一般的な喪服となっています。
正喪服はブラックフォーマルドレスと呼ばれています。
これはシンプルなワンピースやツーピース、アンサンブルなどです。
一方準喪服はブラックフォーマルスーツという呼び名になっており、一般的な喪服であるワンピース、アンサンブルなどで、生喪服と異なるのはパンツスーツでもかまわないという点です。
この2種類の違いは微妙な部分もあるので、わかりにくいかもしれませんが、生喪服はスカート丈が長いものが多いという点が異なっているようです。



喪服や礼服そしてブラックフォーマル

フォーマルなシーンには正装をするのが常識ですが、正装には色々な種類があります。
お葬式にも正装がマナーですが、一般的に言われるのが喪服や礼服になります。
また最近ではブラックフォーマルとも呼び、この3種類には同じようで実は意味が違います。
まず喪服はお葬式に着ていく服装の事で、黒いスーツを着たり女性の場合には黒の着物があります。
また喪服は黒のスーツにはシングルである事、またお葬式では光物がNGなので光沢のない素材になります。
次に礼服は冠婚葬祭の中でもおめでたいシーンで、結婚式などで着ていく服装になります。
そして最近よく耳にするブラックフォーマルですが、黒いスーツを総称してそのように呼びます。
ですから弔辞用であるお葬式に着るもの、そして慶事用の結婚式に着るものとがあります。
この2種類にはデザインや素材に違いがあります。

次の記事へ